日常生活の中で特に体力が落ちたなぁと実感することは掃除

掃除が終わった後は他の家事ができない


40歳男性、フリーランスのライターです。

私が日常生活の中で、特に体力が落ちたなぁと実感することは、掃除です。

ここ最近、特に30歳になってから、家の中の掃除をする事が、ものすごく面倒になりました。

私が何故掃除を面倒だと思うかと言えば、その作業が面倒なものだから、ということもあります。

しかし一番の理由は、すぐ疲れるからです。私は掃除をすると自分がものすごく疲れると分かっていて、それが嫌なので、掃除をする事が嫌になったのです。

私も若い頃、特に10代の頃は、実家の自分の部屋の掃除をきちんとしていました。

休日には必ず勉強机の上を雑巾で拭いて、部屋の中に掃除機をかけていました。さらには母親の掃除を手伝って、他の部屋の床拭きや掃除機がけも休日にはしていたのです。

あれは親孝行というよりは、10代だったので時間に余裕があって、かつ体力も余っていたんだろうなぁ、と思います。

それが今や、私は掃除をものすごく面倒に思うようになりました。掃除は1週間に1回、できたら良い方です。

今の季節は冬で、窓を開けると凍えるように寒くて、換気しながら掃除をするのが嫌だから掃除しない、という自分への言い訳もできます。

しかし私が掃除しない一番の理由は床拭きだけにするにしろ掃除機かけだけにしろ、とにかく私が疲れるからです。

掃除が終わった後、私は他の家事ができなくなります。家事をやらずに趣味の事をやろうにも、体力が残っていないからやる気になれなくて、嫌になるのです。

私はあまりにも最近、体力の落ち方がひどいので、筋力トレーニングを毎日するようにしています。腹筋・腕立て伏せを50回ずつしています。

しかし年をとって体力が落ちたせいで、その筋力トレーニングすら疲れるというのが悩ましいところです。

もっとも私のこのひどい疲れやすさ、加齢だけが原因ではないのかも知れません。私は一度、仕事のし過ぎによる過労で倒れています。

ですから、その時に私の体の調子が著しく崩れて、それが今に至るまで続いている、とも考えられます。

しかしそれでも、過労で倒れた後、休養を終えた20代の私は、こんなにも体力が無い、と感じることはありませんでした。日常の家事も普通にこなせていました。

それがまさか自分が「掃除だけで疲れる」ようになるとは思ってもいませんでした。

30歳になってから、特に体力の落ち方をひどく感じています。


くさいあそこのニオイを消す方法


イライラしがちな人はそれが閉経前後の症状なのかもとの性格なのかの判別は困難